2019年08月17日

【瀬戸内国際芸術祭2019 #2】人気アーティスト作品は予約を忘れずに・・・

私がこの芸術祭で一番見たかった物

それは

森万里子「トムナフーリ」

39F2BEEA-5792-435F-B5B9-3C0FF8AEF59F.jpeg
       引用 ベネッセアートサイト直島ウェブサイトより


高さ3mの巨大なガラスの立体で

神岡宇宙素粒子研究施設(スーパーカミオカンデ)

とコンピューターでニュートリノデータを

受信し、色が森の中で

インタラクティブに発光するというアート



実はこれ、夜の鑑賞会は

予約制のみだということ

サイトみると小さく書いてあったようですが

見落としてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)




よく見ると予約状況も

夏期完売あせあせ(飛び散る汗)

それでもお昼間みれるかなと

移動しました。


が・・・・

待ち構えていたのは

森万里子さんの文字の入ったバス停たらーっ(汗)
552F19C7-F44B-4F07-A0B6-9B9A0A4482A4.jpeg

入口はロープが掛かって入れない・・・・

見たのはこのシャトルバス停のみふらふら


実はかれこれ15年ぐらいのお付き合いになる

お客様のお嬢様で、

ありがたいことに毎年夏になると

山中湖の別荘に伺ってはご注文いただき、

万里子さんの学生時代のこと、

ロンドンでの生活

そして現在の活動のことなど

以前から伺ってましたので

いつか見てみたいと思っておりました。


それで

今回本物がやっとみれる!!と

期待していたのに残念・・・


ア〜ア・・・・・

なんでこうなんだろう・・・・


彼女は前回のブラジルで開催された

リオオリンピックで



これも森の中の滝の上に浮く

輝く輪のアート。


これがリオオリンピック

公式 文化プログラムに認定されたり、

またブラジルで聖火ランナーとして

参加もされたりと日本が誇る

素晴らしいアーティストなんです。

2011年開催されたリオデジャネイロの個展では

来場者が53万人exclamation×2

その年の世界ランキング1位になる

大成功をおさめたことが

セレクトされた理由だそう。



もう一つのオリンピックとして文化面も

もう少し大きくマスコミで

取り上げてほしかったな・・・・



見れなかったお話をSNSで送信すると

”紹介されているパンフレット1部

持ち帰ってください。見たことがないんです”と。


親心ですね黒ハート

本当に申し訳ありません!たらーっ(汗)


私も多分、親として

娘がこんな活躍していたら

同じお願いしたでしょう


またこの豊島に来る

いい口実が見つかりました。


次回はこの目で鑑賞したいです。



行かれるかた是非チェックして

ご予約されて行かれてみて下さいね。




いつも読んで下さってありがとうございます。
        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします


*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
868A0900-8132-4EBD-8BED-83316E7AD939.jpeg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック
posted by アンテリユ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2019年08月15日

【瀬戸内国際芸術祭2019#1】 何処までも、どこまでもアート

3年に一度の瀬戸内海の島を舞台に

開催される芸術祭,ご存じでしょうか。



実は私は知らなくて前回の2016年の時

オーストラリアデザイン協会に入会したころ

シドニー滞在中

オーストラリアのデザイナーたちから聞いて

存在を知りました。


な、なんで日本人なのに知らないの〜?

て反応です。



まずい・・・・



Naoshiーma

ナオシーマっていうんだけど聞いたことない。。。。


こんなデザイナーたちがこぞっていく

トリエンナーレが

日本で開催? 



それも初めていった日本なのに

京都でも東京でもなく

ナオシマにずっといたというから驚いた。



内容聞くと

Ando(安藤)や

SAANA(妹島)の建築の宝庫だという。



ナオシマって一体どこなんだろう。。。あせあせ(飛び散る汗)



本当にデザイン関係の仕事してるのかって

疑われたに違いないです  笑


いえいえ、みんな優しいから

そんなこと感じさせませんでしたが 笑



いろいろ調べてやっと3年経ち、

2019年、満を持して行ってまいりましたるんるん



瀬戸内海に浮かぶ

12の島と2つの港に広がる作品群




一日1島ぐらいのペースでいくと

全部みるには1週間ぐらいかかるくらい

鑑賞するところがたくさんあるのです。



私は豊島と直島を訪問しました。



フェリーで島に渡ります。


気持ちいい〜exclamation
ECBC7DB5-3110-45BC-B486-D9A92F298FB2.jpeg



AF57ED0B-A551-4265-A05E-D48DAE864304.jpeg


春、夏、秋の3期に分かれ開催される。

夏は7・19〜8・25まで





宇野港のインフォメーションで

パスポートを購入。




まず豊島から入りました。

豊島と書いて、テシマと読むんだそう!


天気にも恵まれ、



豊島美術館へ行く道

棚田がなだらかに広がり

海へと続く・・・
C67AD2B7-7F6E-44E2-AC49-F2BCB0D370C5.jpeg
島の説明についても

道路に説明文が据え付けられていて

この島自体、20年間にわたる産業廃棄物撤去の

運動や島から若い人がいなくなり

休耕田になっていた棚田


放置状態で荒れてしまったが

豊島美術館を建設した

建築家西沢立衛とアーティスト内藤礼とともに

地元住人で再生事業が始まり棚田が現在の姿に。



その広大な敷地の一角に見えてくる

豊島美術館




88348711-800B-418E-9B72-39DD397A844A.jpeg

入口で裸足になり中に入るのですが


広さ40x60m

柱一本もないシェル構造の空間の中で・・・



しばし時間を忘れ、静寂な気持ちで


不思議な現象のアートと空間を楽しみました。



基本的にこの芸術祭の

室内の撮影は禁止が90%



これから訪れるかたのために

中のことはさわりだけ。

足を運んでもらうしかないですねexclamation



街並みは

多分展示がなければ歩かないだろう・・・

みたいな細い路地

瀬戸内海の島のイメージにピッタリかわいい


多くの人が歩いてすれ違います。

こんなにいるの?って。



普段よくみる家がなんとなく味気なく感じてしまう

日本の風土がよく表れた島の街並み

いいね!
B84B7F44-D6D9-483C-85D4-F27468AE1DB0.jpeg


ガイドブックには自転車が移動手段と書いて


ありますが、そのつもりで行ってみたら

電動アシスト自転車や

レンタカーは8:30ですべて出払ってしまったと。


残ってるのは普通の自転車のみ

この暑さでアップダウンの激しい地形

坂も半端なく急斜

走りぬくにはちょっと無理・・・・



移動手段はシャトルバスになります。

かなりたくさんの本数が出てるので

移動には困らないけど

来ている年齢層みると


30代から20代学生が目につく


やはり車がいいな・・・
754F607B-DDE3-404C-9F9A-76EDAC379E98.jpeg

この木、何の木?

41B27A92-1EF6-4047-AA29-8F8087F3D637.jpeg

イチジクだそうです。


寒冷地育ちの私にはこんな温暖な気候で育つ

フルーツでさえ羨ましいハートたち(複数ハート)


今日はここまで


まだまだ続きます。

では〜



いつも読んで下さってありがとうございます。
        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします


*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
RPDクッション1.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック
posted by アンテリユ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年10月21日

【Designart Tokyo x Amazon Fashion Week】ペチャクチャナイト@表参道ヒルズ

東京の街全体が美術館化する

デザインとアートの祭典

デザイナート・トーキョー2018


19日はAmazonファッションウィーク2019

との共催で表参道ヒルズ スペース オーで

オープニングイベントへお誘いが

あったので行ってきました。

537B8746-D72E-4099-B421-598131075DC7.jpeg
このペチャクチャナイトの主宰の

クライン ダイサム アーキテクツのお二人も

登壇されていて、

ファッションとインテリア、アートをつなぐ

イベントとなってました。


このイベントはどちらかといえば

ファッション寄り



来場している男性どこみてもオシャレなこと!

00C5D355-ACFB-4288-A2FD-D3914592239F.jpeg

協賛のペリエ ジュエ

4BE1424B-E82B-4D1B-BDB1-6333613EF0B8.jpeg

この日は獺祭と共に皆さんに
振舞われてました。

なんてラッキー!!

C2453B73-B4C2-427A-A9AA-446B868D720D.jpeg
インテリアはファッションと連動していると

言われてますが、インテリア系イベントだ

けだと、どちらかというと

頭の中で二つを組み合わせて考えさせる

機会のほうが圧倒的に多かったと思うのです。


インテリア、建築だけのイベントだと限りが

ありますが、ファッションとコラボすると

より大きなマーケットで可能性が広がり、

ファッションに興味ある方々にも

期間中インテリアのショールームへ

足を運ぶ機会が増えて、

インテリアへの興味も更にひろがりますものね

413C647B-3D1D-44E0-BD34-15A3A9CB19C1.jpeg
スウェーデン
ノルディックライティングを扱う
Peter to とオフィスデザイン専門のデザイナーと。

インテリアといってもオフィスデザインて、全く別世界。おもしろそう!!



二つ前のブログでご紹介した

蔦屋書店Tサイト設計デザインされた

建築界のスーパースター的存在ダイサム氏

57E5489F-66F3-494A-AF43-1A476790ADAD.jpeg
8月にダイサム氏のオフィスへ

オーストラリアデザイナー達と行ったのですが

良かった!覚えていてくださいました。



あと4月にミラノデザインウィークに行った時



高級バッグファッションブランド

Valextra社を設計された建築家隈研吾氏を

囲んだディナーパーティーが行われた際に

同席したベサンローラウッドさんにも再会。

サザエさんメイキャップを思い出すこのリップ

6A906689-C0B6-404C-89D0-E0D54A8A00FC.jpeg

今を輝く新進気鋭のデザイナーで

来週もデザイナートでトークショーがあったり

青山スパイラルで木をデコレーションしたと

仰ってました。


来週も行くので行ってみようかな!!



イタリアでお会いした時は

ファッションに疎い私は

存じ上げなかったのですが

あまりのオーラと絶対的存在感に圧倒されました!
DSC_2923.jpg

ミラノ市内の地下鉄内看板にも出ていて

スゴイ方なんだとわかりました。

DSC_2983.jpg

この日、このイベントに来る前に6社ほど新作発表会に行ってきました。

A1EADAF4-CB4F-421C-8C17-ABC9866AEEE7.jpeg

E0FB8938-C1B9-40F9-926C-A43E13E24291.jpeg

25F0FB7D-1C73-4653-B238-84C4074746CE.jpeg


Designart Tokyo



色んなイベントがあります

是非行ってみてください

ではまた〜

**************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
ジンジャー犬の部屋.jpg
施工事例:山梨県富士河口湖町K様邸 愛犬の部屋

英国でインテリアを学んできたことを背景に
幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
モダンリビング大賞 動画
フェイスブック
posted by アンテリユ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年06月04日

ミラノデザインウィーク滞在日記(最終回) 大変!人生初のドクターコールしてしまいました

こんにちは

intérieur アンテリユインテリアデザインの寺田由実です。


今回も色々ありましたが、何といても初日の食あたりふらふら


飛行機のって、夕食食べた後、オレンジジュースを飲んだ。

”気持ち悪い・・・・”


まずい・・・

DSC_2760.jpg
こんな上空で、まだフライト時間もたっぷり残っている・・・



となりに座っている50代ぐらいのイタリア人男性はオレンジジュースのんでいるけど平気そう。



それにこの男性、


前のビジネスにいる女性が同伴者だったようですが


席が離れてしまったみたい。


その女性が2,30分おきに

席に来ては、ラブラブで、キスをしてまた去る・・・・


イタリア語わからなくても”アモーレ”ぐらいは聞きとれる 笑



しばらくすると、


目がかゆい


顔がかゆい


?  腕がかゆい


??    手のひらがかゆい


じんましんはでてないけど、なんだか変!



まぶたをかき過ぎたせいか触ると膨らんでいる。


鏡がないから、スマホの自撮りモードで顔を見た。




わ〜〜 ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


おいわさん!! 両目が腫れていた

おいわさん.png


こういうときに限ってなかなかキャビンアテンダント(CA)が


来ないし、リモコンのコールボタンもどれだかわからない。



隣のイタリア人男性に頼もうかなと思ったけど


相変わらず、彼女のことで忙しそうだし・・・・



ひょっとしたらもう引くかもと思ってたら


あっという間に1時間経っていた。


やっとの思いでCAが来たので薬をお願いした。


『この中にドクターがいるかアナウンスしてみます、お待ちください』


周りも気が付いて、なんだかソワソワしてきた。


人生初のドクターコールたらーっ(汗)


CAが近づいてきて、


『いらっしゃいました。お隣に座っているこちらの男性です』



OMGむかっ(怒り)!!

うっそ!! あのラブラブのお二人ともドクターだったとはあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


女性の問診が始まり、オレンジジュースを飲んだら気持ち悪くなったといったら、そうなるとこの飛行機に乗っている乗客も症状がでるはず、もっと前に食べたものだ。

今回学んだことは、具合の悪い時に、オレンジジュースを飲むとそれが引き金になって悪化するんだそうです。

思い当たるといえば、成田空港で食べた
ポーク、ポテト、チーズのサンドイッチ。


組み合わせがよくないのか、”まずい”と感じ、
全部食べ切れなくて残した。


違和感があったとつたえたら、多分それかな・・・って。


普段ならなんてことはなかったんだろうが、出発前、家族のご飯やら、仕事のこと、旅支度の用意で2日ほどあまり寝てない。免疫がおちてたんだと思います。


二人で薬箱の中から薬を2種類選んだ。


『この薬は弱いから立ち上がりが遅いけど服用してください』


苦いシロップみたいなものを飲んだ。  


しばらくすると、かゆみはとれて大分楽になった。


良かったわーい(嬉しい顔)
DSC_2769.jpg

医師免許カードを提示して、確認していた。

お礼として、ボトル1本プレゼントされていた。


私も何か持参しておけばよかったと思ったけど何もできない・・・



本当に色々、隣の席でアドバイスして下さって助かりました。


『もう病院やってないから、空港に救急があるからいくといい』


と言って、処方箋は持ってなかったけど、私のノートに書いてくださった。


乳がんの世界学会があって、日本に来ていたらしい。


あの女性はいったい、奥さん? 彼女?

ね?


でも良かった〜

こんなことになるとは・・・・


空港内の、First AID 救急へ向かった。
DSC_2775.jpg

地下の暗ーいところでしたが、入ったら


イタリアモダンの受付ぴかぴか(新しい)


具合悪かったけど、このインテリア見てテンションが上がるグッド(上向き矢印)


オシャレー  こんな色使うの〜?


診察台へ通された

まぁ、なんとカワイイ台の上の照明黒ハート

家具だって日本の病院みたいに、カラーが白やグレーじゃない!!

イタリアって感じが漂っているハートたち(複数ハート)

DSC_2772.jpg

病院のインテリアみれただけ少し幸せ。

DSC_2774.jpg


処方箋みせたけど、こちらの先生はそれでは弱すぎるからといって


幸せもつかの間。

なんと、

『お尻に注射します!!』って



えっ!!  腕にして下さいっていったけど

全然聞き入れる感じない・・・・

注射1435.jpg


Oh my God!!!


痛!!



目の腫れはまだ引かず、3日ぐらい完全に引くまでかかりました。


これが滞在期間中ズっーと引きづっていたというのか

相当強かったんだと思います。


一つのアレルギー症状だったんですけど、

お国が違うと食べないでくださいという食品が

『キウィ、グレープフルーツ、魚、生もの』

馴染みのないアレルギー食材ですよね。


期間中、体調のアップダウンが激しくて、

色んな場面でICの友人の皆さんに随分ご心配おかけしてしまいました。


始まりから本当に色んなことが起こりましたが

終わってみると、これがミラノサローネ・・・・


また行きたいですね。

DSC_3304.jpg

滞在日記いかがでしたか?

自分の予想上回る本当に多くの方がアクセスして下さったみたいで嬉しい限りです。


読んで下さってありがとうございました。


時々はまた見てくださいね。

***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で 実現しませんか。 前田邸リビング.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします





リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品

モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート

モダンリビング大賞 動画

フェイスブック

インスタグラム

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク #素敵なインテリア

posted by アンテリユ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年06月02日

ミラノデザインウィーク滞在日記(11) Oops! ナニこれ?心くすぐられた物たち

こんにちは


intérieurアンテリユインテリアデザイン寺田由実です。

今回は、歩いていて、心くすぐられたちょっと変わった、

私目線で気になったものたちをご紹介しようと思います。

DSC07934.JPG

まず最初に、

UNStudio Futuresチームとスイスの家具ブランドUSM社のインスタレーション。

フレーム枠にLTDやパネル、ミラー、ガラスなどを組み合わせて

空間を作っていく商品なのですが、

仕事の世界で起こっている変化を探り、

これらがUSMにどのように影響するか、

将来の可能性を想像していくため、

来場者にアンケートや体験型のインスタレーションになっていた。




まず、既成概念を払拭するように

こんな空間が用意されていた。

DSC07905syuusei.JPG


『天地が反対になってます。 あなたは天井にいます。』

????


あ、天井からテーブルをみているのね!


わかります?


天井が床になっていて、テーブルセッティングがしてあるんです 笑



おもしろーい!!わーい(嬉しい顔)



ミラノサローネの空間にこんなところから作りこむなんて!!


日本にいたら、ノリの悪い私も

海外に来ると開放されるので

トコトン つきあおう!



何故こんなことするのか不思議で聞いてみた


スタッフの話によると、

『50年後にオフィスはまだ存在するのだろうか?

と思っているんです。

テクノロジーがこのまま発展していって、私たちの余暇までも侵入してきて

ひょっとしたらデジタルノマド(遊牧民)

となってどこか違う惑星に移動しているかもしれないんです。

それまでにどんなオフィスを用意しておくか考える必要があるので

アンケートに記入をお願いします』



えっーーーーあせあせ(飛び散る汗)  む、むずかしい!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


もともと時差ボケで頭回転してないところに・・・・


何を書いたかまったく覚えていないけど8個ぐらい質問が書いてあった。


まだあって、この中に入って下さいって。

フレームにLED照明入れたり、ガラス、ミラー、ボードを入れて

ブロックみたいに空間を作っていく商品です。

usn.jpg



赤いカーテンを開けて入ってみると・・・・

DSC07933.JPG

ミラー張りの空間にゴールドのトイレexclamation&question

『あなたならこの空間をどのような部屋として使いますか?

まず座って考えてください。答えがでたら

ミラーにコメントを書いてください』



マジックを渡されてミラーに向かったけど

ミッションが高度すぎて、ど、どうしようたらーっ(汗)たらーっ(汗)

DSC07934.JPG


キャー! でも楽しい〜 This really blew my mind黒ハート 


異国ならではの発想で、日常を忘れさせてくれる。


でも、でも、でも

そんな楽しいと言っている場合じゃない。



企業としては本当にこの会場で自社が50年先、

存続していくため何をすべきか・・・

インスタレーションを通して痛烈なメッセージ



”オフィスがなくなる”という危機感ーーー


持続可能な物、サスティナビリティが何か、

企業ごと色んな取り組みがあるけど

考えてみると結構切実ですよね


DSC07937.JPG

きちんと、提案のオフィスも展示してありました。

よく店舗什器で使われているフレームワークとこの木製ついたて

机の上には昔のタイプライターとかアンティークが置いてありました。

ステンレスvs木製、ディスプレイは現代ものvsアンティークと

相反するものを組み合わせていて


素敵なインテリアでした。



続いて、
Fornasetti フォルナセッティ社

学生としてロンドン在住のころ、

先生の家のインテリア見学会に行った時

家にあったクッション。


一度みると忘れられないインパクトある、

あのお顔-----DSC_3156.jpg
DSC_3156.jpg


本国イタリアに来て、この顔に会えて

なんかうれしい・・・・


フフフ・・・ナニこの椅子? 

forsetti.jpg

商品として売る気あるのかな? 


この独特の世界観に酔いしれてしまう

オモシロイひらめき


昔からよく”手”をテーマにするフォルナセッティ

一瞬、ギョっとするのだけど

ショールームの壁に、いちいち作成する、この心意気・・・黒ハート

DSC_3157.jpg

インスタ映えしますね。


イタリアにきたら、いってみたいショップでした。


最後に

建物
Bosco Verticale ボスコ ヴァルティカーレ『垂直の森』
DSC08641.JPG
これはミラノの超高層森林マンション

“都市のなかでの自然と建築の融合性”という

斬新なコンセプトが大きな支持を得て、

2014年度の国際高層ビル賞の最高賞を獲得した建物。


一日バスツアーでのフィエラ会場から離れて

市内のフォーリ地区をまわりました。


プランを立てて下さったのが

モダンリビング

パブリッシャー 下田結花さん。


下田さんが”皆さんあれが・・・・”

といったら、皆さん一斉で写真をとったのですが

私もいわれなければ、知らなかった!

一目見れて良かったです。



このボスコヴァーティカーレみて

数年前、シドニーに行った時にも同じような

建物があったのでご紹介したいと思います。


DSC05467.JPG

One Central Park 

これもタワーマンションのツインビルで、

その中間に写真右上のミラーがキラキラぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


OCPソーラーエネルギーといって

太陽を追跡し、その光を平面鏡で反射させて一定の方向に送る装置を採用して

こちらも植物以外に前代未聞の高度なシステムが話題になった。


320機の反射板が宙に浮いてキラキラしてたんですね。



Bosco Verticaleが
2010年に建築が始まり、2014年夏に完成。

One Central Parkが
2012年に始まり2013年に完成


何となくヨーロッパって建造物作るのに時間がかかるイメージあるけど、お国柄がこういうところにも出てくるって思いませんか。 

期間が長いと人件費もかかるし、そういうことはどうなっているんでしょうね?


ではまた・・・

***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で 実現しませんか。 前田邸リビング.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします





リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品

モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート

モダンリビング大賞 動画

フェイスブック

インスタグラム

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク #素敵なインテリア

posted by アンテリユ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月30日

ミラノデザインウィーク滞在日記(10) ブレラ美術館で一息・・・

こんにちは

intérieurアンテリユインテリアデザイン寺田由実です

DSC_3341.jpg


ミラノに来て、観光する時間はないってわかってるんだけど

旅に出て美術館に一つも行かないというのは



後で後悔しそう・・・・



コンシェルジュにどこがおすすめですかと聞いたら


”あり過ぎるので、何が見たいかによります・・・・”


ヘェ~

こういう答え方が存在するくらい、多いの?!



パリならルーブル美術館、ロンドンなら大英博物館とか


そういうの期待したのだけど・・・・




美術品であふれているイタリアでは愚問だったみたい・・・・



『ピナコテカ ディ ブレラ はどうですか?』
DSC_3336.jpg



選んだのは

”ペインティング”が多い美術館だということで

DSC_3337.jpg




ブレラ美術館の中庭ではパナソニックの

『Air Invention』インスタレーションが開催されていた。

周囲は人、人、人で

大盛況の展示でした。


待ち時間1時間半と言われ、

DSC_3335.jpg


もう無理・・・・あきらめました。



美術館に入ってみると

DSC_3340.jpg



ワワワ〜   大きい絵に、この彫刻!!黒ハート


人がいない・・・・


ここで休もう!と決めたるんるん




通常は観光客で賑わうところが土曜日なのに


デザインウィークのせいか、ガラガラだった。


DSC_3338.jpg

美術館 独り占め・・・・


こんなことそうそうないかな



やっぱり子供に目がいってしまう


中学1年生とキュレーターがなんか話してる

DSC_3341.jpg

キュレーターに聞いてみたら


『美術館と学校が年間通してやっているプログラムがあり、


どの絵でもいいから模写したり、感じたこと書けばいいの。


絵について説明して、楽しんでもらえればと思ってやってます』



以前、パリのルーブル美術館に行った時も


小学校で来ていて、マティスの「エスカルゴ」の絵の前で

エスカルゴ.jpg
子供達が絵を描き、キュレーターが


『この青は何を表しているでしょう?』


『どうしてエスカルゴがこんな形でカラフルなのかな?』


子供の自由な発想に対して、不正解がない問題


をだしている学校の授業に出くわしたことがあります。



こんな光景、本当に素晴らしい環境だと思うんです。ぴかぴか(新しい)


何故か?



以前、東京駅丸の内側にあるKITTE「キッテ」

日本郵便と東京大学が協働で運営する施設の常設展で

子供が大好きな恐竜を見にいき、せっかくなので絵を描いてもいいかと伺った時のこと。



鉛筆ならいいということで、

やり始めたら、なんと、

警備員を配備され、

小学校低学年の息子が書いている横で仁王立ち。


だったら”ご遠慮ください”


といってくれればいやな思いはしなくて済んだのですが・・・



やり場のない空気を感じた子供は



『やっぱり止める、ママ・・』




海外から一定期間預かって展示している企画展の絵画などは

著作権の問題で出来ないことは熟知している。



が、常設展で著作権の問題はクリアしているものなのに何故?




美術への理解がこんなに違うのかと本当に違和感を感じてならないです。


だからこういう場面に出くわすと、この国はどうなんだろう?と


興味津々で見てしまいます。


DSC_3342.jpg



美術館の展示でしかみたことない”ダンテチェア”


意外と座り心地良かったので、時間の許す限り座ってボーッとして眺め


休息しておりました。

DSC_3348.jpg


奥へ行くと、これ何だかわかります?

DSC_3345.jpg


絵を修復する部屋ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


作業が公開されるお部屋になってました。


平日だったらみれたのかな・・・・残念!


何もかもが新鮮!!


ここまでオープンなんです。



収納庫もガラス張りぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

DSC_3351.jpg


『美しく収納する』名画の数々。



アートが身近なイタリアで育った子供達。



国語の読解、算数の計算問題も

大切だけど、



こういうのもアリだと思うんだけどな。


ではまた・・・

***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で 実現しませんか。 前田邸リビング.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします





リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品

モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート

モダンリビング大賞 動画

フェイスブック

インスタグラム

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク #素敵なインテリア
posted by アンテリユ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月27日

ミラノデザインウィーク滞在日記(9)Kvadrat社のカクテルパーティー2

こんにちは


intérieurアンテリユインテリアデザインの寺田由実です。

DSC08578.jpg

前回の続きでKvadrat社(クヴァドラ)カクテルパーティーのことをお伝えしたいと思います。



ミラノデザインウィークのパーティの中でも

名物パーティーと呼ばれていると

クヴァドラ社から話は伺っていましたが


入口で長蛇の列・・・・・あせあせ(飛び散る汗)



でも、
招待状もってたので並ぶことなく、入れました。




後日、聞いたところ、なんとパーティーに

1500人来ていたということです。


後日行ったのでどんな会場だったか

全体像が見えなかったので行ったのですが、


DSC_3200.jpg


とにかく人、人、人、で


歩けないくらいで、写真撮ろうにもどこ撮っていいかわからないくらいの人でした。


入ると

冷えた美味しいスプマンテの惜しみないサーブ

どこで飲んでも本当に外れが全くない! 

DSC_3009.jpg

サローネ会場を朝から歩いていると、


一日19,000歩x連日なのですが、


やり切った感の後の、このご褒美は本当に至極幸せです。黒ハート


赤ワインも白ワインもウェイターが持ってくる小さな料理もさすがイタリア!


Buono!  ボーノ!  美味しいです。




”交流の場”だからお話ししてて、


2杯ぐらいしか飲めなかったけど


”美味しかったこと” だけ覚えてますハートたち(複数ハート)



少しお腹がおさまったところで


知り合いもいないし


そろそろ次にいこうか?なんて話してたら




ドイツのアーキテクト(建築士)とインテリアデザイナーの方たちが

『日本からですか? 着物ってキレイですね。

着物と一緒に写真撮りたいんですけど・・・』




正直ですねぇー  


私への関心ではなく、 『着物』!!!


なんでもいいのですが 笑




DSC_3014-ANIMATION.gif

名刺交換して、どんな仕事しているのか

いろいろ近況を伺いました。


ウズベキスタンのスパリゾートホテルを今やっているとか


聞くだけ色んなプロジェクトの話をしてたし、同伴で


一緒にVitra社も来ていると紹介された。




会社自体はドイツですが、ここにいる皆さん

ドイツ人は1人もいなくて、

スイス、スウェーデン、フランス、デンマークなどなど・・・・


国際色豊か〜!




ジョブ ハンティングで他国に行くって感覚・・・


違いますね。




以前、ルクセンブルグでドライブしてドイツとフランスの国境に行ったとき


車から見える標識は 

⇦ドイツ フランス⇒


日本ではお目見えすることのない標識で驚いたものです。



ボーダーレスな社会だから国をまたいでお仕事探すってのもいいなぁ



ブログ書くため、しまってあった名刺をみたら

なんてカッコイイ名刺!!exclamation&question



ん?


DSC_3843.JPG




名前は聞いたことあるけど・・・・?


調べたら、デンマークの伝説の建築家 ヘニング ラーセン アーキテクト


OMG!!


そこで働く優秀なデザイナーだということが


今わかりました。



す、すごい人たちだったんだ!


キャハ!!





あれ? 昨日お会いした、moooi社のスーパースターも来てる!!


インテリアデザイナー
マルセル ワンダースさんだexclamation×2


よくみると、タキシードをこんなにラフに着こなしてるぴかぴか(新しい)


写真一緒にとってもいいですか?って聞いたら

『あ、昨日来てたよね!君のこと覚えているよ!もちろん!』ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

DSC08574.jpg

友人と3人で撮ろうと移動したら

『いや! 一人ずつ撮ろう!』黒ハート

DSC08578.JPG


スーパースターは違いますね

と、サービス精神旺盛なワンダースさんでした。




色んな方たちと交流しました。

『着物みて日本人!だと思ってお声かけさせていただきました』

と挨拶されてきたのは、


Kvadrat社日本のフレデリックさんと

先日ワールドビジネスサテライトで

クローズアップされていた

今注目の日本家具 マルニ木工社の皆さん
DSC08567.jpg

今回のご招待への感謝の気持ちを込めて

Kvadrat社へのオマージュとして、

着物の半えりを、帯の上で使っている、帯あげの水色に合わせて

Kvadrat社の水色のカーテン生地でアレンジしました!


帯もカーテン生地メーカー、サコ・ヘスレン社の物。

実は、このドイツのサコヘスレンも

Kvadrat社の傘下に入られたということだったので


これは御社のファブリックですとお伝えしたら

とても喜んでいただきました。


着物きていると写真リクエストが多いです。


オランダ人のデザイナーたちと
DSC08572.JPG


イタリア人デザイナーたち。

ここに来ている方たちはきっと

それぞれの国で活躍されている方がきているんでしょうね。


私もがんばらないと!!!!!

DSC08582.JPG


街を歩いていると、ご夫婦が着物と写真撮りたい!と。

奥さんはちょっとアキレ気味だったけど

撮影が終わって私も逆撮影お願いしました。


陽気な国民イタリア人ですね。


日本ではまずありえないよね。

DSC_3026.jpg



夕食を食べに別会場へいったのですが、

終わると夜中、もう時計の針は12時を回っていたと思います。


ブレラ地区の街はまだまだ多くの人で賑わってました。


DSC08585.JPG

東京の繁華街の夜7時、8時みたいな感じでした。



いつ寝るんだろう?

着物マジックで沢山の方と交流を楽しみ、想い出に残る日となりました。


Kvadrat社の皆さん、ありがとうございました。


ではまた・・・・・


***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で 実現しませんか。 前田邸リビング.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします





リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品

モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート

モダンリビング大賞 動画

フェイスブック

インスタグラム

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク #素敵なインテリア

posted by アンテリユ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月26日

ミラノデザインウィーク滞在日記(8)Kvadrat社のカクテルパーティーへ1

こんにちは

intérieurアンテリユの寺田由実です。

今回はKvadratクヴァドラ社のレセプションパーティーについて

振り返ってみたいと思います。

DSC_3014-ANIMATION.gif

楽しかったんです、とてもぴかぴか(新しい)

これは会場で出会ったドイツのインテリアデザイン会社の皆さんと。




会場はクヴァドラKinnasandキナサン

(以前はシナサンドど言われてたけど変わったみたい)

のミラノショールームのパティオ中庭で行われました。

DSC_3009.jpg



パーティーの話の前に、


クヴァドラ社とはどんな会社かというと・・・・・

DSC08093.JPG





デンマークの会社でヨーロッパ有数のデザインテキスタイルメーカー。



公共空間向けの高品質なコンテンポラリーな


ファブリックスを開発する会社。




あのBMWなど車のシートや


Vitra 社の名作といわれる椅子に
DSC08071.JPG


DSC08078.JPG



DSC08074.JPG




に多く使用されているのがこのクヴァドラ社の生地


DSC08092.JPG



見た目、普通・・・・?っぽくみえます、が、


いえいえ、

何が違うかっていうと、


中でも私が驚いたのは、


”マーティンデール”といって、

生地が摩擦によってどのくらい耐えられるか

耐磨耗度をテストした数値なのですが、


30,000~50,000がホームユースで使うときの目安。



商業空間で用いられるとなるこれではチョット弱いんです。



クヴァドラ社、なんと15,000


この会社の椅子生地の基準という説明でした。



すごい数字なんです。ハイ。


訂正:IC友人から数字アってる?って。


0が一個足りなかったです  笑笑

150,000でした。

Tさん、ありがとうございまし
ウインク




それだけではないんです。


DSC_2476.jpg


シアーレースのヒダが美しいのは、


日本の形状記憶とかそんなんではなくて・・・・



近くでみると、


横糸とたて糸が織りなすこの風合い・・・
DSC_2473.jpg



複雑な組成で、本当に技術的にも世界最先端!


発色だってとても綺麗。




色んな会社とコラボしていて


例えば、ドイツのアディダス社

DSC_2485.jpg

靴に使われたり・・・・

DSC_2481.jpg

スピーカーの表面に張られる生地だったりするんです。


このブランドなんていってたかな?


ミラノの街を歩いていたら、割と色んな店舗のシェルフに

何気なーく置いてありました。


ということで、


パーティーの模様まで今回はたどり着けない・・・・




クヴァドラ社の魅力は伝わったでしょうか?


日本にも支社があるんです。


Kvadratショールーム
東京都港区南青山 3-4-6 Aoyama 346 #103
03 6455 4155
9:00−18:00/定休日:土日祝日
 
 
今日はここまでです。


続きは次回に・・・・

***************************************

intérieurアンテリユからお知らせ


海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で

実現しませんか。

前田邸リビング.jpg


英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします







NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品

モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート

モダンリビング大賞 動画

フェイスブック

インスタグラム


#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 


posted by アンテリユ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月21日

ミラノデザインウィーク滞在日記(7)WOW!! 日本企業のインスタレーション

こんにちは


intérieurアンテリユの寺田由実です。


フィエラ会場以外にも、街で多くのインスタレーションが開催されているのです。


ミラノサローネ歴6年の友人が選んだのが、旭硝子社。



単に私は”日本で見ればいいんじゃないの? なんでみんな日本企業の展示を必ずルートにみんないれるの?



”ミラノに出店している展示はここでしか見れない!”だそうです。





これはいかないと!!!


DSC_2996.jpg



????


何がすごいんだろ?



ちょっと壁がキレイとは言えないこの空間


入口はgloomyな雰囲気、なんだか陰気。



せっかく来たけど・・・



ガラスが天井から吊られていて、小鳥のさえずりが聞こえて


森を想定しているんだろうけど、



ガラス会社だからガラスをみればいいのかな・・・・




それにしても、何がいいのかわからない・・



終わりかな?  帰ろうっか・・・・



としたとき、日本のスタッフが話しかけてきて


皆さん、わからないようなのでご説明します!



良かった!日本語だexclamation


2畳ぐらいの小さな体験ブースになってました。



スピーカーが「鏡」で出来ているんですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


まだピンとこないと思うのですが、


通常、四角いボックスがあり、その表面に黒やベージュの布が張られてますよね。



ないんです。



めっちゃ薄いぴかぴか(新しい)


液晶テレビより薄型の”ミラースピーカー”




おまけに音もクリアで反響せず、パーフェクトひらめき



後ろには、今度はガラスある


????






これも”ガラスで出来たスピーカー”なんです。 



Cooooooooooooool!目


日本てクールですよね黒ハート



説明きかずに帰らなくて良かったダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



普通、ガラスって大きさと厚さで決まる共振周波数を中心とした狭い帯域しか再生できないと思うんだけど・・・




聞いてみたら、特殊な張り合わせ構造として


低音域から高音域まで再生することができるようにしたそうです。



すごくクリアで高音質に 開発者もここまでいいとは想像していなかったというお話でした。


まだ開発途中ということでしたが、スピーカーが張りぼての木目調のボックスじゃないんですよ!



スタイリッシュなこんなスピーカー、いち早くプレゼンにいれてみたくなりませんか。



一番最初の画像の大きなガラスが吊られているところを通って帰るのですが、



今は納得!


あれ色んな形にカットされたオブジェのようなスピーカーっだったんですねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



もう一度その画像


DSC_2996.jpg


そう、みると本当に感動です️



何も見えないようにするには、


それはそれは壁の中しっかり細工しなければならないのですが。




他にも、Super Studio会場ではピアノのKAWAIのインスタレーション。




カワイのクリスタルグランドピアノの新作で


音楽が流れると連動してLEDが輝き、無数の光の雨となって空間に降り注ぐという設定。



透明感があって、寝不足で疲れた身体を癒してくれる、そんな空間でした。



いかがでしたか? 



今日はここまでです。



以前にもお伝えしましたが、


私はトレンドを読んだり、解説できるようなレベルではなく、個人的にミラノデザインウィークに行って、見て感じたことを投稿してます。



ですから、ゆるーいコメントしかできません 笑


お勉強されたいかたは、プレスで入っている方のブログを見たり、ミラノサローネのセミナーを受講されるといいと思います。  


ではまた見てくださいね〜


***************************************

intérieurアンテリユからお知らせ


海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で

実現しませんか。

前田邸リビング.jpg


英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします







NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017

優秀賞受賞作品


モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート


モダンリビング大賞 動画


フェイスブック


インスタグラム



#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 

#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 

posted by アンテリユ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月19日

ミラノデザインウィーク滞在日記(6)moooi ブレックファストツアー2

intérieurアンテリユの寺田由実です。


引き続きブレックファストツアーのつづき。


ニューヨークのインテリアデザイナーMegan Grehl

メーガン グレールのインテリア

DSC08262.JPG


マルセルワンダース氏のmoooi商品を使ったメーガンスタイル

DSC08241.JPG


お1人だったのでいろいろ聞いてみた。


普段からよく自身のデザイン空間に使っているそう。


台湾人のお母様がインテリアをされていて、小さい時からそれを見て育った、


特にインテリアデザイン学校には行ってなく、母の仕事を見て覚えたそうです。


スゴ!


右下に写っているのがメーガンさん

DSC08251.JPG


自分の思うものをやっているうちに、


世界各国から仕事がくるようになったと・・・・



OMG!!  




資格がどうだとか・・・



どこそこの学校でているとか・・・・



これが欧米のいわゆる『実力社会』




揺るぎない自信



本当に堂々としていて


自分の価値観やモラルを曲げてまで、


誰かを悦ばせたり、期待に応えようということでなく


こういう理由で、この細部のデザイン


全体のコンセプトはこうなった・・・


DSC_2969.jpg



言霊もすごかったのですが、



目力がすごくて、吸い込まれそうでした。



カッコイイ〜黒ハート




このダイニングに展示されていた、アート


本物の標本で、博物館から借りてきた


ここまで本物、半端ないこだわり




貸し出してくれる、イタリアの博物館もスゴい!!


image(1).jpg



そして、マルセルワンダースの世界へ


まずコンセプトの絶滅危惧種から受けたインスピレーションのプロダクト説明書き



Umbrella Squid 直訳すると 傘イカ?


そういえば傘にみえる・・・ 笑

DSC08271.JPG


彼のフィルターを通すと・・・・

DSC08272.JPG


座ってみると、本当に居心地よくて


イカに包まれた気分?!



こんなチェアがあったらいいな・・・



こんな具合に多くの動物をイメージしながら


プロダクトを見る・・・




展示数が多いうえ、動物も想像上の動物もあるので


右脳がパンパンになり、頭がすごい疲労感ダッシュ(走り出すさま)


DSC08273.JPG


でもどれもこれも研ぎ澄まされたデザインで


洗練されていて、上品な家具ばかり・・・


DSC08278.JPG


本当に美しくて魅了されました。


使ってみたいな・・・ 



このまま使用したいくらいの空間なのに、


このデザインウィークだけで取り壊されるというのですから


本当にスゴイ時間ですよね。




見てください!


ミラノ市内の低学年小学生が見学に来てました。


先生が”自分のイイと思うところの写真を撮ってくださーい!”


一斉に児童が撮っているんです。 カワイイ〜

DSC08259.JPG


撮り終わったら、画面に出てくる画像を隣のお友達と見ている!!黒ハート

image.jpg


信じられません!!


これですよね! 


こうやってアート、芸術が日常の延長線上にあり


磨かれていくんです。




うちの6年生の息子、昨日今日と、



鎌倉へ修学旅行にいったのですが


『カメラ禁止』



なくすと問題だからって理由でしょうけど



2歳上の姉の時は、



フジフィルムの”写ルンです”ひらめき


持ってきてくださいということだったので


彼女目線の楽しい写真が残ってます。



ちょっと工夫すればいろいろできるのに


担当する先生によってこんなに違うとは・・・・



「御朱印帳もっていっていいですか?」


これも   ”ダメ!”


行ったというキセキになるのに・・・




旅のしおりをみると、お小遣い5000円


よく読むと、鶴ケ丘八幡宮で買うお守りは


”1個だけ”と ふらふら



お守りの個数に制限つける意味があるのでしょうか・・・・



考えさせて、答えを生徒に出させることはしない。




中華街で家族のためにお土産を買うことを推奨しているが


添加物いっぱいのお菓子の詰め合わせやストラップのお土産より



もっとあるでしょう。



「旅の想い出」残し方って個人で違うと思うんですけど・・・




学校のなんでも、ダメ、ダメ、ダメ



考えさせることはない、ただ規則や、禁止事項ばかり・・・



実際は、担任が、というはなしではなく


管理職が決めてるから、上司に従うしかないというのが現状なんだけどね。



学校上層部は経験値から踏襲するのが当たり前みたいなところありますよね。



そこを変えられたら・・・と期待してしまいますが



ほぼ無理あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)




でもいろんな場面で違和感を感じてしまう。



こんな低学年にカメラを持たせるなんて・・・・


こんな写真みたら危険回避のことしか思い浮かばないのでしょうが


イタリアも問題あるでしょう! 



でも今日のお話しではイタリアの小学校先生の勝利!




かと思ったら、一枚上手がいました!!


帰ってきて、息子に会うと、


「ママ、みて! 御朱印帳だめだったから、紙で買ってきた」

DSC_3795.JPG


ひらめき抜け目ないな〜



子供が笑顔でかえってくればいいんです。黒ハート




ここまで読んでくださってありがとうございました。


***************************************

intérieurアンテリユからお知らせ


海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で

実現しませんか。

前田邸リビング.jpg


英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします







NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017

優秀賞受賞作品


モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート


モダンリビング大賞 動画


フェイスブック


インスタグラム



#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 

#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 

posted by アンテリユ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月18日

ミラノデザインウィーク滞在日記(5)moooi ブレックファスト ツアー1

こんにちは


intérieurアンテリユの寺田由実です。


これも忘れられない朝からイベント、moooiモーイ社のブレックファスト ツアーのお話です。

DSC_2951.jpg


一般の入口の反対側にある、黒いカーテンの向こうに通された。


朝の雰囲気ではないけど、moooiの商品でデコレーションされた空間でまず朝食

テンション上がります黒ハート


ダッチスタイルなのかな? ヨーロッパ特有の甘いケーキが沢山ある朝食

DSC_2952.jpg


その合間にマルセルさんは各テーブルに廻って、


ファンサービスというのでしょうか。



名刺交換はなかったけど、名刺渡して、ちょっとした


会話をしたくらい、


みんな欲しいからね。


ごめんなさい、切らしちゃってますって。



食べ終わったと思ったら、写真中央奥にある、青いものが天井から吊るさられてあるのわかりますか?


くす玉割が始まりました。


朝から大騒ぎ!  楽しい〜  


もうなんでもアリの世界。 違いますね〜



左右に大きく揺れて、割ろうとするのですが、今回残念ながら割れませんでしたダッシュ(走り出すさま)




食べ終わると、スーパースター


moooiのインテリアデザイナー マルセル・ワンダース氏が登場しました。

普段、こんな早い朝はまだ寝ていて、


昨日も遅くまで友達とのんでました


本当にこんな早い仕事はなかなかないって。


ちょっと二日酔い気味??


そうですよね・・・


そんなことまでお話されるなんて、さすが大物は違いますぴかぴか(新しい)


DSC_2947 (2).jpg


挨拶の後、食後のコーヒーをいただきながら


今回のインスタレーションのコンセプトについて


本人直接聞けるという素晴らしいイベント

ハートたち(複数ハート)


moooi【絶滅動物博物館】をテーマにその動物からイメージするインテリアを創造して何ができるか・・・を表現したそうです。 話は本当に繊細で、詳細を惜しみなく、沢山のことを披露してくださいました。


レセプション


レリーフが美しいぴかぴか(新しい)

DSC_2956.jpg


どんな物語なんだろう?

DSC_2958.jpg


まずこのシャンデリアが強烈な印象でした。


幾重にも幾重にも


シャンデリアを重ねて作られた”シャンデリア”


インスタ映えしますね。


こちらが

混雑のない会場を独占に近い状態で堪能できるリッチな時間の入口


DSC08227.JPG


正面奥にあるのが何でしょう?


皆さんも絶滅危惧種の動物を想像してみてください。


この動物の動画が動いていて、


のっそのっそと


こちらに歩いてくる・・・みたいな演出です。

DSC08281.JPG



今年のテーマは3つ


アムステルダムのアーキテクツ集団【Concrete】


ニューヨークのインテリアデザイン【Megan Grehl]】


そしてmoooi 【絶滅動物博物館】でした。


moooiスタッフからだけでなく、


メーガン グレールご本人による解説もあって本当に興奮してしまいますexclamation×2



英語なのですが、日本語の同時通訳もあって至れり尽くせりで・・・





まずコンクリートから


オランダの仕事のスタイルでなかなか進まなかった・・・という裏のエピソードまで



この展示会場で実際にコンクリート社は


仕事のミーティングをしているです。

DSC08232.JPG



見学者がいようが、いまいが関係ないのです 笑


なかなかこういう発想はないから


逆に度肝抜かれた感じでステキですよね。揺れるハート


いいなぁ〜  

DSC_2966.jpg



ニューヨークのインテリアデザイナー メーガングレールは

次回に・・・・


***************************************

intérieurアンテリユからお知らせ


海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で

実現しませんか。

fujilakeshirakaba1.jpg

英国でインテリアを学んできたことを背景に

幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。

カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は

アンテリユインテリアデザインへ

お問い合わせください。





ブログランキング参加しております。

クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします







NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017

優秀賞受賞作品


モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート


モダンリビング大賞 動画


フェイスブック


インスタグラム



#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 

#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 
posted by アンテリユ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月14日

ミラノデザインウィーク滞在日記(4) NENDO II

こんにちは。

intérieurアンテリユの寺田由実です。

4/25に掲載したNENDOの続きです。

ミラノ市内のSuperstudioで開催されたNENDO。
スーパースターだけあって、真夏のような強い日差しの中、会場外は屋根もない中、連日大行列あせあせ(飛び散る汗)

佐藤オオキさんが手書きで書いた文字がそのまま
会場外のファサードのサインになっていてカワイイ黒ハート
nend.jpg

彼が手掛けた様々な会社とのコラボされた”商品”とその”プロセス”が展示されていた。

私が気に入ったのはこの

"Woven Table”


織テーブル 
DSC08300.JPG


テーブルを織ってる〜わーい(嬉しい顔) 
DSC08299.JPG

こんな具合に様々な商品のアイデアやプロセスの説明がされていました。




会場が終わったと思ったら

”ガチャガチャ”があった。

『アイデアの素』のフィギュア

佐藤オオキ氏が実践しているアイデア発想のコツ

いずれのモデルも、日々の発想力を手助けしてくれるサプリのようなものを目指して製作していて、目につく場所に飾ることで“ひらめきやすい状態”を維持する効果を狙っているそうだ

DSC08306.JPG


3ユーロだったかな?
DSC08305.JPG

何か欲しくて、記念に購入


DSC08304.JPG

後日、帰国して家で開封してみると・・・

DSC_3736.JPG

『目線を少しずらしてみる!』
Slightly shift your point of you.

今後の教訓にしよう!!って気持ちになるなる


こちらはサローネ会場 フィエラにあった作品

『Fragment』
DSC08100.JPG

DSC08099.JPG

ガラスのFragment"断片”を通して、

光によって生み出される影

・・・言葉にならないくらい 

このシンプルで繊細なインスタレーション



感動していると、

すぐ隣でイタリア語で何かしゃべっている男性が気になった

DSC08107.JPG

ワー!なんてオシャレぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

このミラーを説明すると
女性デザイナー ”パトリシア ウルキオラ”のデザイン。

NENDO佐藤氏と同じくらい注目のデザイナーです。


で、この男性、
チラチラ鏡に映っている自分をみていたり・・・


それにしても、


この今年のトレンド色で身を固めたイタリアン


このブラス色、

マットな輝きを放つゴールドのパンツ

いやらしさはなく、はきこなしちゃう


ミラーとあまりにもピッタリぴかぴか(新しい)

関係者かな?

思わず写真とってしまった

足もホントだ!  


噂どうり、素足 目


会場はこんな具合に、女性よりも

イタリア人男性の、オシャレなこと!!


顔はこの際どうでもいい・・・


建築家とインテリアデザイナー、出展者スタッフがほとんどだと思うのですが

ファッションが素敵すぎて、かっこよく見えてしまうのですハートたち(複数ハート)

ICの会話でも、どこいっても共通の話題になった。



商品の写真一番よい状態で撮りたいから、

いなくなったら撮ろうと思いますよね? 


違うんです!


商品がよくみえちゃうから

”動かないで!そのままいて!”

と念じてしまうのです。 笑笑


話が脱線してしまいましたね。

つづく・・・


***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で
実現しませんか。
fujilakeshirakaba1.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。


http://interieur.tera-d.jp

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村


インテリアコーディネートランキング


NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
https://www.interior.or.jp/contest/coordination/jpg29/08.jpg
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2143902389173356&id=100006608475079
モダンリビング大賞 動画
https://youtu.be/LKcLAMu58Ws
フェイスブック
https://www.facebook.com/i.am.yumi.terada
インスタグラム
https://www.instagram.com/interieur.interior.design/

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 
posted by アンテリユ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年05月13日

ミラノデザインウィーク滞在日記(3) Valextra 隈研吾先生との晩餐会

こんにちは

intérieurアンテリユの寺田由実です。

ミラノ滞在中は刺激的な毎日でした黒ハート

一番はやっぱり、あの東京オリンピックの新国立競技場の設計をされた建築家隈研吾先生を囲んだ、バッグブランドのValextra社主催のディナーパーティー。
DSC_2929(1).jpg
写真は私と今回ずっと行動を共にしていた
京都で活躍するICの清水さん、隈研吾先生、私、Valextraご子息のアレッサンドロさん。

このValextraのショップの設計されたのが隈研吾先生

ショップ入口で厳しいチェックが終わって中に入ると、懐かしい匂い。

木のいい香りが店内に漂ってました。

ヨーロッパにいて、日本の家屋に入ったような

芳しい木の香りがするのは、本当に珍しい!

きっと、ミラノでもこの香りは話題になったんだろうな。
DSC_2905.jpg

伺ったところ、イスラエル産の杉の木

色をつけたのではなく、白い杉なんですexclamation×2

白ですよ! 北欧のホワイトパインのように白いんですexclamation

ミラノはどこのレセプションパーティにいっても

本当に美味しいスプマンテ(発泡性ワイン)が惜しみなく出される。
DSC_2900.jpg

天井はガラス張り

本当に杉の板がクルクル回ったり、

なんといっても、商品のバッグが映えて素晴らしい店舗でした。

ミラノでも大人気の先生。 至る所に作品がありました。

2018年春夏のコレクションでコラボレーションしたのが、新進気鋭の注目アーティスト、ベサン・ローラ・ウッド
DSC_2923.jpg
彼女はカラーの達人で、メイクもついつい、ジーッとみてしまいたくなる!!

まるでサザエさんのように、口紅を一部だけ、それもカワイイピンクですよ。

紙も水色に染めていて、似合うことわーい(嬉しい顔)

見たことないメイクでしたが、センスの良さはピカイチ! 

カラースキームは最高でした。ぴかぴか(新しい)

お話したら、ブリティッシュ アクセント。

英国人でデザインの名門 Royal Academy of Arts出身だそう。

一番上に羽織っているのが着物。 よく着物を見つけて着ているそう。

あー、今日こそ、着物着てくればよかった〜

残念! 展示会場から駆けつけたので時間がタイトで無理でしたね。

後日、メトロ地下鉄の構内を歩いてたら、ありましたぴかぴか(新しい)
DSC_2983.jpg

旬のデザイナーがズラリと看板広告に点灯されていたのですが、彼女もその一人! 

すごいオーラの方でした。 

お会いできて光栄ですかわいい


ディナー会場は3カ所に分かれていて、それぞれカラーが違う。
ブルールーム 右側に隈研吾先生
修正DSC_2927.jpg

こちらはパーティ始まる前に撮ったもの オレンジルーム
DSC_2914.jpg

外にもこんな素敵な空間が用意されている
DSC_2917.jpg

私の席はどこだろう?  

全然見つからなくて、あらら・・・どうしましょう?と思ってましたが

ありました揺れるハート

DSC_2919.jpg

長ーいテーブルの中心に隈研吾先生がいらっしゃいました(写真左上)

お料理も美味しいし、ワインどれ呑んでもフルーティでドライで幸せ黒ハート

おしゃべりが忙しくて、食べるのはあまり味わえてないかも・・・
アスパラのリゾット
DSC_2924.jpg

皆さん、気が付きました? 私、無意識で取ったのがスプーン。

マナーです。 

やっちゃいました・・・あせあせ(飛び散る汗)

リゾットはフォークで食べるそうでたらーっ(汗)

穴があったら入りたい気分だわわーい(嬉しい顔)

確かに、多分、上に置いてあったかも・・・


やっちゃいました、ハイ!

ウェイターにもお皿下げる時に ”Never mind!"

とイタリアなまりの英語で励まされ。



そうなると、他の日本人は?と周りの席の人のチェックが始まった

えっー!しなくていいのに・・・・


”みんな日本人スプーンだね”って


イタリアレストランで日本は何だしてるのか気になってきました。


今度コースででるような料理の時、気にしてみよう! 



こんな私のなってないテーブルマナーがきっかけで、

逆に和やかに周囲の皆さんと

お話することになりました。


いい人たちでよかった・〜・〜

すっかり打ち解けて色々イタリアのことを
色々お話してくださいました。

イタリアのマンマ料理についても。 やっぱり、リゾットはどのチーズを使うかが重要。 

DSC_2931.jpg
お隣に座られたのがTrezzaご夫妻。 
日本へは何度もいらしている日本通のご夫妻でした。

帰りにお土産としてノベルティをいただきました。
DSC_2945.jpg
サーモンピンクの名刺入れ。 Wow! Cool!ぴかぴか(新しい)

Valextraレセプションで会った日本で活躍するアーキテクト
関西地方の建築家の皆さんと。

建築の話を熱く語り、構造の話や木の話など、
やっぱり得意分野が違うので色んな視点の話が聞けたので勉強になりましたね。
DSC_2903.jpg

パーティも終わり、真夜中なのですが、観光もしてないので

Duomo駅へ行くまでの景色
DSC_2936.jpg

アーケード
DSC_2938.jpg

Duomo
DSC_2941.jpg

Image_f844603.jpg

初めてのイタリア。  

日中は展示会場ミラノサローネで家具を探して、見ているので、こんな真夜中しか観光できない。

毎日20,000歩弱歩いている。

一度は観光で来てみたいな・・・・

***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で
実現しませんか。
fujilakeshirakaba1.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。


http://interieur.tera-d.jp

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村


インテリアコーディネートランキング


NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
https://www.interior.or.jp/contest/coordination/jpg29/08.jpg
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2143902389173356&id=100006608475079
モダンリビング大賞 動画
https://youtu.be/LKcLAMu58Ws
フェイスブック
https://www.facebook.com/i.am.yumi.terada
インスタグラム
https://www.instagram.com/interieur.interior.design/

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク #隈研吾 #Valextra #ヴァレクストラ
posted by アンテリユ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年04月28日

ミラノのスーバーマーケット滞在日記(2)「Eataly」

こんにちは

アンテリユインテリアデザイン 寺田由実です

A社主催20人ぐらいの夕食会の後、

23時にスーパーにいくことになりました。
DSC_3380.jpg

24時まで営業しているというからビックリ目


Eataly イーイタリー

ネーミングも素敵! 

毎年来ている先輩IC(インテリアコーディネーター)
はここで何が美味しいか、お土産にこれがいいなど
必ず行くスーパーのようです。
DSC_3376.JPG

23時半というのに、日本の夕方5時ぐらいのデパチカのよう

東京店もあるそう!
1時ぐらいの市街
日本の7時ぐらいのように
まだまだこれからというくらいの人の群れ
DSC_3382.jpg

あらら、食通の友人とバッタリ!!
DSC_3378.JPG

イタリアのマンマの家に料理を教えてもらいに行ったり

オリーブオイルのエキスパートもしてたり

この期間はアパートステイ、それも

オシャレなインテリアで過ごすという


ミラノ上級者!

fbにポストする商業施設のインテリアも

そしてミラノで美味しそうな朝ごはんも


ここで食材ゲットするんだからこれはこれは、すごい方たちなんです

もちろん、日本では優秀な

インテリアデザイナーたち。

DSC_3379.JPG

あー、もう楽しいスーパーマーケット

イタリアの高級店だと思うのですが

気軽に買える感じ

お手頃な価格も魅力的

空港の免税はチョコ買うにも意外と高いから

ここで沢山お土産を買いました。



普段あまりお土産店ではみやげを買わない私

これなら自分の納得のいく、

好きなものを友人たちにあげられるから

気に入りました。ハートたち(複数ハート)

あと、空港のゲートを通った後に

デリカがあって、ここの中に

チーズやハムなどを売っているお店を発見!

DSC_3389.JPG

モッツァレッラはお水たっぷりいれてパウチしてくれるし

こぼれたらこまるから二重パックにしてねといえば

気持ちよく応対してくれました。


モッツアレッラ作った時にできるときいている

ストラチアテッラやブラータは豆腐のようになって

販売してました。

価格も量3倍入っていて値段は日本のデパチカ1個分。

とてもいい買い物ができました。

成田で食べたものがよくなかったのか

初日食あたりで飛行機内で初のドクターコールをした私

滞在中、体調のアップダウンが激しく

美食のイタリアからかえってきて、体重は落ちているし

ジムに行って体脂肪率測ったらこれも減っていた

やはり、「旅行いって太っちゃった」


というのは幸せなことなんだと実感

皆さん、ゴールデンウィークですね

体調くずさないようご自愛ください。

ではまた
***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で
実現しませんか。


英国でインテリアを学んできたことを背景に
幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。


http://interieur.tera-d.jp

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村


NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
https://www.interior.or.jp/contest/coordination/jpg29/08.jpg
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2143902389173356&id=100006608475079
モダンリビング大賞 動画
https://youtu.be/LKcLAMu58Ws
フェイスブック
https://www.facebook.com/i.am.yumi.terada
インスタグラム
https://www.instagram.com/interieur.interior.design/

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 

posted by アンテリユ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年04月25日

ミラノデザインウィーク滞在日記(1)【nendo I】

こんにちは

intérieur アンテリユ インテリアデザイン寺田由実です。

ずっと行きたいな〜と思っていた

ミラノデザインウィーク(ミラノサローネ)

に行ってきました。


人生初のイタリア

初ミラノサローネ。
DSC08185.JPG

でも、でも、でも

私はトレンドを読む人ではないので

ゆるーいコメントしかできません 笑

お勉強されたいかたは、プレスで入っている方の
ブログやセミナーをご覧くださいね。


累計でこの期間に35万人来場するこの国際家具見本市
1300社が出展し、展示面積が15万u弱。
一社の展示が大きいので、全部みることはできません。

そんな中、私がお世話になったのが
モダンリビングアワードで出逢った
優秀なIC(インテリアコーディネーター)の清水香さん。

彼女が6年通い続けた攻略法を元に地図にはどうやって
一日を回るか戦略がずらり・・・

効率よく、メジャーどころを回ることができました。
Image_5b8f4dc.jpg
本当に清水さんありがとうございました。黒ハート

Nendo Design Studio の佐藤オオキ氏
のことはアナザースカイなど色んな番組で紹介されているから
ご存知の方多いかと思いますが、

本当にここにも!

ここにも! というくらい

色んな場面でデザインをみることができましたので

今回はそれを書こうかなって思います。

まず家具の世界から ミノッティと佐藤オオキ氏のコラボ

70周年も迎えるMinottiミノッティ社
DSC_2851~2.jpg

モダンリビングアワード
青山にあるミノッテイショールームで行われました。

入口にある松、

それからその奥にあるブルーのラウンジチェア

ここからもう心くすぐられます。
DSC_2885.jpg

今年のトレンドカラーがこれ
2018トレンドカラー20180425.jpg
                     
トレンドカラーでまとめられていました。
DSC_2864.jpg

椅子の脚と本体の接合部のところ!
テープみたいに貼ってるところが特徴
↑もうちょっとましな表現ないの?

ラウンジチェアは ここではマリンブルー(左から3番目)
ガラスのセンターテーブルはオークル色(左から1番目)
脚の色も今年の色 真鍮職 ブラス色(右から2番目)
ソファはセイルホワイト(右から3番目)
ラグマットはピジョン色(右から4番目)

DSC_2865.jpg

ミノッティ レセプションの女性たちも
今年の色 Haint Blue(一番右の色) のスカーフをまとっていました。
DSC_2887.jpg
こうやって見ると、トレンド色を取り入れた
セッティングになっていますね。

会場を歩いているとどれがトレンド色か
よく目に入ってくる色ってあるんです。

今日はここまで。 

まだまだ佐藤氏のコラボあるので
フューチャーしてみようと思います。
では・・・
***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

海外でみる素敵なインテリアを日本の住宅で
実現しませんか。
クッション小坂ロゴイリ.jpg

英国でインテリアを学んできたことを背景に
幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。


http://interieur.tera-d.jp

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村


NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
https://www.interior.or.jp/contest/coordination/jpg29/08.jpg
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2143902389173356&id=100006608475079
モダンリビング大賞 動画
https://youtu.be/LKcLAMu58Ws
フェイスブック
https://www.facebook.com/i.am.yumi.terada
インスタグラム
https://www.instagram.com/interieur.interior.design/

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 
posted by アンテリユ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2018年04月17日

ミラノ デザイン ウィークへ...

こんにちは 

intérieurアンテリユの寺田由実です。


イタリアのミラノで開催される家具、キッチンの国際見本市ミラノサローネにに行ってきます。
DSC_2761.jpg
お昼のフライトだと大事とって前泊するのですが、探していたら高速バスが早朝でていることを発見!

都心の渋滞を避けたメチャメチャ早い朝4時30分発のバスですが、家のこと、仕事のこと、旅支度しているとやっぱりもう一日ほしいと思い利用してみました。

乗客私一人
DSC_2750.jpg


なんとも贅沢なプライベートリムジンバスと化してました。


運転手さんも気さくな方だったので途中まであれこれ会話しながら過ごした。 寝不足だったから気が付いたら寝てしまいましたが、

「お客様つきましたよ」

DSC_2752.jpg

えっ! もう?

通常私の住んでいるところから、東京まで約2時間なのですが今日は成田空港まで2時間でついてしまった。

快適!! 気に入りました。


毎年ミラノで開催されるのですが

一度は行ってはみていけど、家庭のことを

考えると「今年ではないな・・・」

毎年そんな思いでここのところずっといってない。

振り返ってみたら20年

国際見本市はいってないんだな


「寺田さんいかないの?」

と、今一緒に活動しているリーダーからメッセージが届いた。

「はい、まだ家庭のこと考えると難しいですね・・・」
と送信した

「そうではなくて、あなたにとって必要か必要じゃないかです」

なんて力強い言葉! 

必要か必要じゃないかって言われると、

必要ですよね・・・・

こんな風にお誘いがないと

私、絶対行かないし・・・・

「必要です!」  送信

「行きます!」 と数秒後に心決めて送信しました。

リーダーも驚いたようですが

すぐに家族に相談してみたけど、

”ママ大丈夫! 頑張ってきて!!

行ってきなよ。 僕たち大丈夫だからさ。”

本当に大丈夫かなとも思いましたが、実家の母もたまには孫と一緒にいたいからどうぞどうぞ・・・

と、言うわけで家族の支えがないと仕事できないことをまたまた改めて感じました。 感謝揺れるハート


今関わっているお客様には少し時間を頂戴しますが還元できるよう、頑張っていろんなこと吸収して勉強してきたいと思います。

どんな見本市なのかな・・・

楽しみです。 

またレポートしますのでブログ見てくださいね。

***************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

英国でインテリアを学んできたことを背景に
幅広い商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。


http://interieur.tera-d.jp

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村


NEW住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
https://www.interior.or.jp/contest/coordination/jpg29/08.jpg
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2143902389173356&id=100006608475079
モダンリビング大賞 動画
https://youtu.be/LKcLAMu58Ws
フェイスブック
https://www.facebook.com/i.am.yumi.terada
インスタグラム
https://www.instagram.com/interieur.interior.design/

#アンテリユ #寺田由実 #インテリアコーディネート #インテリアデザイン 
#ミラノサローネ #ミラノデザインウィーク 
posted by アンテリユ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク