2019年08月08日

【フランスPierre Frey社】カプセルコレクションって?

今日はフランスのファブリック

Pierre Frey(ピエールフレイ社)

1935年から続く会社で

D6D6AAD8-F673-4460-9B5C-DA0D01DDEC0A.jpeg
芸術のような、とってーも美しい生地を

現在も3500種類ぐらいコレクションを

送り出す老舗ブランド


クラシカルな正統派の生地から

モダンなリビングにあう

コンテンポラリーなものまで

幅広いコレクションを持つ


フランスから来日し

京橋エドグランにあるトミタ鰍ナ

プレゼンテーションが始まった。


「あなたのプロジェクトに合わせて
ファブリックやカーペットなど
色も柄もデザインしてお届けします!

それが弊社の得意とするところです・・」と。



「こちらの生地は先日リノベーションした
お城のファブリックです」



お、お城?あせあせ(飛び散る汗)


と、顧客層もまったく日本と異なる。

お城と言われても・・・・ね。


今回”カプセルコレクション”の紹介が 

あったのですが

そのカプセルコレクションというのは

通常のコレクションとは別に

建築家やデザイナーときには

セレブリティとコラボしたりして

数量限定の

小さなコレクションのことだそうだ。


それにしても

このサイケデリックなファブリック、

何のモチーフかわかります?

8A45B847-C5DD-4760-BD20-CF212254AC5E.jpeg
トンボのきらめく羽を再現した

それもコットンベルベットにプリントした

生地なんです。

ポリエステルのシャツに

プリントしたものと違って

ベルベットですから

椅子貼りできるくらいずっしり重いく

上質な光沢が生地のうねりや角度によって

絶妙に輝くぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


インテリア次第ですが、モダンなリビングの

一人掛けのアームチェアに張ったら

すっごくクール黒ハートじゃなかな?


更に驚きは続く・・・

今度はコレ!  ヘビ〜

A0F30510-BDD9-4EB4-8B54-D78E872E5AA5.jpeg
なんとも愛おしい眼差しで

見つめてくる・・・

ちょっとカーテン生地としては

Heavyかしら〜 

18世紀に作られた動物型のお皿から

インスパイアされたもので

リネン地にヘビを刺繍してモコモコしている

遊び心もありますが

商品作りは上品、真剣に向き合って

制作されているから、

ヘビもグロテスクというより

美しく見えてしまうのが不思議かわいい



確かにヨーロッパって

ハイエンド向けのお皿のモチーフも

料理につかうのに昆虫の絵柄が入っていたり

しますものね。

これもゴールドのベルベットにトンボ柄

357A8E23-FD3E-4B67-8A8F-4C65C55FC8CC.jpeg
これ作るってことは、当然

顧客がいる、買う人がいるんですもんね。 


最近のノベルティって本当に
いただいてうれし〜ハートたち(複数ハート)

コレクションのモチーフが

カバーとなったノート
79C040E3-28EA-4A2D-8A3B-0AD7476AF2F4.jpeg
と今日はカプセルコレクションの

お話でした。

いつも読んで下さってありがとうございます。
        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします


*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
RPDクッション1.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック
posted by アンテリユ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186383773

この記事へのトラックバック