2019年08月01日

【ベッドリネン】イギリスから届きました!


届きました黒ハート

イギリスからデュべカバー
sHGjIMghT66LqdcZMTnNPA.jpg

こんにちは

アンテリユインテリアデザイン

寺田由実です。


ベッドリネンを購入する時

海外のショップだと大きくパッケージに

Thread  Count 300とか

TC300と

表記されてるんです。


みんなこの数字をチェックするんですね


そのスレッド カウントって

ご存知ですか?





生地1インチ四方に織り込んでいる

糸の総本数のこと

600本折りこまれているってことなんです。


インテリアが仕上がりましたー

最後の仕上げですー



と、色々なアートやオブジェ

ベッドリネンなど

その部屋のコンセプトに合う

アイティムを探すのですが

問題がこのベッドリネン・・・・


コレがなかなかコストパフォーマンス

が良くて上質なものを

見つけるのに一苦労・・・・


デュべカバー

日本だと ア、いいな・・・と思うと

1枚5万とか20万目

上等なものはわかる・・・


お客様によりますが

でもそこまで高くなくていいですよね。



日本ではポリエステル100%が主流

あとポリ綿混でしょうか


綿100%購入したら、

ザラザラなんてことももうやだ〜(悲しい顔)


数千円の安っぽいものじゃなくてね

もう少し背伸びして納得のいく

ベッドリネンほしいですよね。




お試しでというか

勉強のため?今までアメリカやフランス

イギリスから自分用に購入し


その手触りとか重さ、素材

色んなものを肌で感じて

自分が気に入ったものを

お客様に提供してます



海外はコットン100%が主流

麻も人気


いつもスレッドカウント300ぐらいのものを

選んでますが、


今回、新しくベッドも購入したので

スレッドカウント600を購入してみました


IMG_9114.JPG


マットで上品な輝きぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

開ける瞬間が楽しみ!!


BcavaDuTQ7ab6EPFDacEXA.jpg

300に比べると、遥かにずっしりと厚い・・・

刺繍でダブルのアウトラインが入っていて

サテン織のコットンなのでシルクかと思うくらい


ラグジュアリーな美しい光沢と質感が

うれしい黒ハート



ピローケースの角が頑張って

立つくらい厚い。



洗うたびに風合いが増し

しっかりしていて長く使えそう手(チョキ)


ホテル用ベッドリネンの専門会社の

方のお話だと

600カウントって

欧米ホテル系のスイートルームで

使われているクラスだそう。


数字が大きいほど耐久性にも優れている


日本のベッドメーカーで

リネン探しているとき

聞いた話だと日本で260あれば

良い方で、300あったら

頑張ってるっというイメージだそう。




フムフム・・・・



ベッドシーツはアメリカから購入




一足先に届いてたので

アイロンかけて

合わせてみた

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
fullsizeoutput_1859.jpeg





こちらのホワイトにグレーの刺繍タイプ

コットンパーケルは

300スレッドカウント


ソフトでこれも十分美しい光沢

もう包み込まれる感じでサラサラ〜


厚みは600ほどないが

十分すぎるくらい質感がよく、

目が詰まっていてほどよい厚さ


結構国やメーカーで品質に差があることも

実際、使って洗ってみて

わかることもあります



一日の疲れを忘れてしまうくらい

肌触りがなめらか

ラグジュアリーな眠りって

とてもいい〜

しばらく寝る瞬間を楽しんでおります 


次回ベッドリネン買う時

是非スレッドカウント


意識してみてくださいね

*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ

RPDクッション1.jpg

英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品

フェイスブック


posted by アンテリユ at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | インテリアコーディネート
この記事へのコメント
こんにちは!イギリスにいる間に可愛いデュベカバーが欲しいと思っているのですが、日本の掛け布団のサイズが異なり困っています。
何か対策されてますかー?掛け布団も海外のものを使用されてるのでしょうか?
Posted by Samantha at 2019年08月23日 05:36
Samanthaさん

メッセージ返信遅れて申し訳ございません。
ブログの引越しの最中だったのでしょうか。コメントに
気がつきませんで大変申し訳ございませんでした。

ブログ読んで下さって誠にありがとうございます。

イギリスには沢山素敵なカバーがありますから
お気持ちよくわかります。

布団は日本サイズですので
カバーを探すのにやはり
海外製はサイズは合わないのです。

でも、ぴったりではない・・・
というだけでなんとか
近いものでセレクトして
使用しております。

幅が220cmのカバーに対して
布団幅が日本で210cmだとしても
220で購入しております。

最近、メーカーによりますが
デュべの内側コーナーに
ヒモがついているものも海外製でも
あったりしますが、
なければ自分でつけたりしました。

多少大きくてもデュべには
カサがありますし
実体験として、買うときが一番気になりますが
付けた瞬間から私の場合は
忘れてしまうくらいです。


欧米流、大体あっていれば
良いぐらいの気持ちがないと
難しいかもしれませんね。

買って使ってみると
あまり気になりませんが
そこは個人差があるかと思います。


シーツについて

こちらはフィットシーツは
ジャストでないと難しいので
フラットシーツを
使っております。
サイズは1か2個上になります。
マットレス高を両側足して、
マットレス下に入れ込む分も
確保しなければなりませんが
シーツはかなり色んなものが
使えます。

アッパーシーツも同じ考えで
大きめのものをセレクトしております。


日本はご存知の通り
いいなと思うと
高価だったりなかなか
納得のいくものが見つかりません。

素材もイマイチですし
サイズがあっても
好みでないものを使うと
幸せ度が下がる気がいたします。

これはあくまでも
個人的感想です。

何か見つけてご納得いくものが見つかりますように・・・

何かご不明な点がございましたら
遠慮なくご連絡くださいませ。

新しいサイトはこちらになります。


https://ameblo.jp/interieurdesign

ご覧いただければ幸いです。


寺田

>Samanthaさん
>
>こんにちは!イギリスにいる間に可愛いデュベカバーが欲しいと思っているのですが、日本の掛け布団のサイズが異なり困っています。
>何か対策されてますかー?掛け布団も海外のものを使用されてるのでしょうか?
Posted by アンテリユ at 2019年08月27日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186353486

この記事へのトラックバック