2019年02月24日

【イングリッシュ ティ#1】Fancy a cuppa? ファンシー ア カッパ? なーにそれ?  

私のイングリッシュ ティーのイメージは、

ずんぐりムックリな形の大きなマグカップに

たっぷりのミルクが入ったもの黒ハート


よくこんな風にスプーン差して

上にティーバッグが浮いてる・・・

こんな出し方してきます。

IMG_5826.jpg
こんにちは

アンテリユインテリアデザイン 

寺田 由実です。


イギリスのティーバッグって

日本でよくある

糸を垂らすタイプで一個一個

包装されているもの(エンベロップ型)は

家庭では使ってなくて

丸い不織布に包まれただけの簡易なものがメジャー



カップの2割ぐらいまで最初に

冷蔵庫から出したての冷たいミルクを入れてから

ティーバッグ、アツアツのお湯を注ぎます。


だから熱くもなく、調度飲み頃っていうぐらいの

温度に下がってるので

フー、フーしなくてもすぐ飲める



合理的なんです。




ミルクをレンジでチンして

あっためるっていう

概念がないんです。




よくミルクを先に入れる派か、後派か?

なんて話題によく出ましたが

聞くところによると



昔、カップに熱湯を注ぐと割れてしまったそう

だから冷たいミルクを注ぐと割れないからと

庶民の間でミルクを先に入れるというのが

始まったということです。


お金持ちの人の使うカップは

高温で焼いた薄くて軽い上等な磁器なので

熱湯注いでも割れないから

ミルク先に入れる必要がなかった。



当時はミルクを先に入れるか入れないかで

クラスがわかるって話聞いたことがあります。


現在はもう関係ないのですが、圧倒的に私の周

りは先にミルクでした。


私?


先に入れる派です 黒ハート




これが典型的な日本でいう

お煎餅と日本茶みたいな組み合わせ

イギリスのお茶菓子とお茶

クリームビスケットと紅茶の組み合わせ

fullsizeoutput_35.jpeg


イギリス人の決まり文句で

お茶でものみましょうか?という時に、

よくこんなセンテンスを耳にします。



“Fancy a cuppa?”


ファンシー ア カッパ? 


xxxx


カッパ??


かっぱ? 


えっ  河童?


な、わけないよね わーい(嬉しい顔)



Cup of tea カップ オブ ティー略で

カッパ。


ティータイムにしようか?ってときに

よく使われてました。


このクリームビスケットがね・・・・


美味しんですよ

この続きはまた今度・・・・


See you soon手(パー)


**************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
隣家の部屋.jpg
ナーサリールーム 娘と息子の幼児時代の部屋

英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
モダンリビング大賞 スタイリングデザイン賞部門 ノミネート
モダンリビング大賞 動画
フェイスブック

posted by アンテリユ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185374164

この記事へのトラックバック