2016年11月23日

京都 インテリアの旅

久しぶりの京都ー
JRのCMの「そうだ!京都へ行こう」みると、紅葉の時期に一度はいってみたいと
思っている方、多いのではないでしょうか。
LRG_DSC06932_1.JPG
いいところを2日間でギューっと凝縮した見学会でした。

さすが、京都! どこみても日本の伝統工芸が随所にあり
近代化してしまった関東とは真逆なのに、インテリアの視点で考えると
最先端というのでしょうか。
京都の町屋に行くと古美術とデジタルのコラボレーションには
素晴らしくて圧倒されてしまいました。
LRG_DSC06814.JPG

市川海老蔵夫妻がお召しになる西陣 京友禅を制作するキモノ工房、
16-11-24-00-45-52-773_deco.jpg

京都の御所や有名な裏千家のお寺の掛け軸や襖を手掛ける表具店
20161124003858.jpg

私の実家はもともと表具店、時代と共に内装工事店へと移行していきました。
幼少のころ、家の一部が工場だったので、たくさんの刷毛や定規があって
建具を削ったかんなくずで遊んでました。 

子供も一緒にいったのですが、
かんなくずを縄跳びにしてピョンピョンはねてて
"私と同じことしている!”

子供時代を思い出してしまったわーい(嬉しい顔)
16-11-24-01-15-06-569_deco.jpg

あの、朝ドラ“あさが着た”のセットで使われていた襖紙などを手掛けた会社
16-11-24-00-56-39-535_deco.jpg

流儀にとらわれない、茶の湯やオーナーの談話をきく
とってもユニークな弘道館でのお茶席。
茶懐石をいただき、そのまま茶の湯の世界へ引き込まれました。
聞けば聞くほど、やはりお茶の世界は奥深いし、
特に、京都の町屋のたたずまいでいただくと
気持ちも“はんなり”としてきます 笑
1479915232656.jpg
ベッカムやナタリーポートマンも来たです。
またお茶を再開したくなる、そんな楽しい趣向を凝らしたおもてなし。

やはり、また来たいと思わせる京都の旅でした。

よろしかったらそれぞれ1クリックお願いいたします。

インテリアコーディネート ブログランキングへ
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村

posted by アンテリユ at 23:00| Comment(0) | Cool Japan
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]