2016年09月28日

ウィリアムモリス アカンサスの葉

DSC04861.JPG

レモンの木の元のグリーンはアカンサス。

acanthusbigDSC04861.jpg

とても厚くて、大きくて、緑も深く、ツヤがあり 目を引く葉。

インテリアではカーテンファブリックス、壁紙、
真鍮でできたカーテンホールドバックスなど、
よーくでてくる柄。 

特に、ウィリアム モリスの商品では
欠かせない人気パターンの一つ。

acantus.jpg
引用: William Morris UK

イギリスにあるウィリアム・モリスの家として公開している
レッドハウスに行ったときも、花よりもこの葉をまず
探してしまった。
morris leafDSC_1694.jpg

この葉をみて、ウィリアム モリスも描いていたのかな・・・
なんて、想像が膨らんでしまいますね。

janeneleafDSC_0041.jpg

以前、ホームステイさせていただいたインテリアデザイナーの家の庭。

結構、どこの家にあるのかなっと思ってしまうほど
よくみかけました。

ガーデニングのラインにもなるし、花としてさけば迫力もある。
寒冷地−10度まで大丈夫という表記。
富士山麓の夏は、それほど暑くはないのですが
冬の寒さに耐えられるか・・・

イギリスの宿根草は寒さに結構強く、
いろんな花が越冬します。
アカンサス、いけるかもしれません。

日本でも苗で購入できるようです。

植えてみませんか?

http://interieur.tera-d.jp

※ここまで読んでくださってありがとうございました。
ランキングに参加してます。クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ
にほんブログ村
posted by アンテリユ at 22:28| 日記