2019年09月01日

【引っ越しました】新しいブログはこちらです!

こんにちは

アンテリユインテリアデザイン

寺田由実です


アクセスありがとうございます!


とりあえず・・・


ですが

新たにブログを始めました。

まだうまく連動しない・・・ですとか

ボタンのセッティングがうまくいかない・・・

などありますが・・・あせあせ(飛び散る汗)




アドレスはこちらです。
  
右斜め下



今まで富士山のある

富士五湖周辺の別荘、住宅、商業施設などの

インテリアを手がけて参りました。


こちらのエリアはこれからも継続して参ります。





10月より

東京オフィスを持つことになりましたぴかぴか(新しい)


只今準備中でございまするんるん


案内は新しいブログサービスで

アップしていきます。


引き続き、時々

ブログへお越しくださいね。


お待ちしておりますexclamation×2



いつも読んで下さってありがとうございます。

        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします




*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
868A0900-8132-4EBD-8BED-83316E7AD939.jpeg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック

posted by アンテリユ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月23日

ブログ引っ越します!

こんにちは

アンテリユインテリアデザイン

寺田由実です。


快適なブログ環境求めて、

お引っ越しすることにしました


新しいブログ先は追ってお知らせします。


今後も「素敵なインテリア」

よろしくお願いいたします。

868A0900-8132-4EBD-8BED-83316E7AD939.jpeg

英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック

続きを読む
posted by アンテリユ at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月17日

【瀬戸内国際芸術祭2019 #2】人気アーティスト作品は予約を忘れずに・・・

私がこの芸術祭で一番見たかった物

それは

森万里子「トムナフーリ」

39F2BEEA-5792-435F-B5B9-3C0FF8AEF59F.jpeg
       引用 ベネッセアートサイト直島ウェブサイトより


高さ3mの巨大なガラスの立体で

神岡宇宙素粒子研究施設(スーパーカミオカンデ)

とコンピューターでニュートリノデータを

受信し、色が森の中で

インタラクティブに発光するというアート



実はこれ、夜の鑑賞会は

予約制のみだということ

サイトみると小さく書いてあったようですが

見落としてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)




よく見ると予約状況も

夏期完売あせあせ(飛び散る汗)

それでもお昼間みれるかなと

移動しました。


が・・・・

待ち構えていたのは

森万里子さんの文字の入ったバス停たらーっ(汗)
552F19C7-F44B-4F07-A0B6-9B9A0A4482A4.jpeg

入口はロープが掛かって入れない・・・・

見たのはこのシャトルバス停のみふらふら


実はかれこれ15年ぐらいのお付き合いになる

お客様のお嬢様で、

ありがたいことに毎年夏になると

山中湖の別荘に伺ってはご注文いただき、

万里子さんの学生時代のこと、

ロンドンでの生活

そして現在の活動のことなど

以前から伺ってましたので

いつか見てみたいと思っておりました。


それで

今回本物がやっとみれる!!と

期待していたのに残念・・・


ア〜ア・・・・・

なんでこうなんだろう・・・・


彼女は前回のブラジルで開催された

リオオリンピックで



これも森の中の滝の上に浮く

輝く輪のアート。


これがリオオリンピック

公式 文化プログラムに認定されたり、

またブラジルで聖火ランナーとして

参加もされたりと日本が誇る

素晴らしいアーティストなんです。

2011年開催されたリオデジャネイロの個展では

来場者が53万人exclamation×2

その年の世界ランキング1位になる

大成功をおさめたことが

セレクトされた理由だそう。



もう一つのオリンピックとして文化面も

もう少し大きくマスコミで

取り上げてほしかったな・・・・



見れなかったお話をSNSで送信すると

”紹介されているパンフレット1部

持ち帰ってください。見たことがないんです”と。


親心ですね黒ハート

本当に申し訳ありません!たらーっ(汗)


私も多分、親として

娘がこんな活躍していたら

同じお願いしたでしょう


またこの豊島に来る

いい口実が見つかりました。


次回はこの目で鑑賞したいです。



行かれるかた是非チェックして

ご予約されて行かれてみて下さいね。




いつも読んで下さってありがとうございます。
        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします


*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
868A0900-8132-4EBD-8BED-83316E7AD939.jpeg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック
posted by アンテリユ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2019年08月15日

【瀬戸内国際芸術祭2019#1】 何処までも、どこまでもアート

3年に一度の瀬戸内海の島を舞台に

開催される芸術祭,ご存じでしょうか。



実は私は知らなくて前回の2016年の時

オーストラリアデザイン協会に入会したころ

シドニー滞在中

オーストラリアのデザイナーたちから聞いて

存在を知りました。


な、なんで日本人なのに知らないの〜?

て反応です。



まずい・・・・



Naoshiーma

ナオシーマっていうんだけど聞いたことない。。。。


こんなデザイナーたちがこぞっていく

トリエンナーレが

日本で開催? 



それも初めていった日本なのに

京都でも東京でもなく

ナオシマにずっといたというから驚いた。



内容聞くと

Ando(安藤)や

SAANA(妹島)の建築の宝庫だという。



ナオシマって一体どこなんだろう。。。あせあせ(飛び散る汗)



本当にデザイン関係の仕事してるのかって

疑われたに違いないです  笑


いえいえ、みんな優しいから

そんなこと感じさせませんでしたが 笑



いろいろ調べてやっと3年経ち、

2019年、満を持して行ってまいりましたるんるん



瀬戸内海に浮かぶ

12の島と2つの港に広がる作品群




一日1島ぐらいのペースでいくと

全部みるには1週間ぐらいかかるくらい

鑑賞するところがたくさんあるのです。



私は豊島と直島を訪問しました。



フェリーで島に渡ります。


気持ちいい〜exclamation
ECBC7DB5-3110-45BC-B486-D9A92F298FB2.jpeg



AF57ED0B-A551-4265-A05E-D48DAE864304.jpeg


春、夏、秋の3期に分かれ開催される。

夏は7・19〜8・25まで





宇野港のインフォメーションで

パスポートを購入。




まず豊島から入りました。

豊島と書いて、テシマと読むんだそう!


天気にも恵まれ、



豊島美術館へ行く道

棚田がなだらかに広がり

海へと続く・・・
C67AD2B7-7F6E-44E2-AC49-F2BCB0D370C5.jpeg
島の説明についても

道路に説明文が据え付けられていて

この島自体、20年間にわたる産業廃棄物撤去の

運動や島から若い人がいなくなり

休耕田になっていた棚田


放置状態で荒れてしまったが

豊島美術館を建設した

建築家西沢立衛とアーティスト内藤礼とともに

地元住人で再生事業が始まり棚田が現在の姿に。



その広大な敷地の一角に見えてくる

豊島美術館




88348711-800B-418E-9B72-39DD397A844A.jpeg

入口で裸足になり中に入るのですが


広さ40x60m

柱一本もないシェル構造の空間の中で・・・



しばし時間を忘れ、静寂な気持ちで


不思議な現象のアートと空間を楽しみました。



基本的にこの芸術祭の

室内の撮影は禁止が90%



これから訪れるかたのために

中のことはさわりだけ。

足を運んでもらうしかないですねexclamation



街並みは

多分展示がなければ歩かないだろう・・・

みたいな細い路地

瀬戸内海の島のイメージにピッタリかわいい


多くの人が歩いてすれ違います。

こんなにいるの?って。



普段よくみる家がなんとなく味気なく感じてしまう

日本の風土がよく表れた島の街並み

いいね!
B84B7F44-D6D9-483C-85D4-F27468AE1DB0.jpeg


ガイドブックには自転車が移動手段と書いて


ありますが、そのつもりで行ってみたら

電動アシスト自転車や

レンタカーは8:30ですべて出払ってしまったと。


残ってるのは普通の自転車のみ

この暑さでアップダウンの激しい地形

坂も半端なく急斜

走りぬくにはちょっと無理・・・・



移動手段はシャトルバスになります。

かなりたくさんの本数が出てるので

移動には困らないけど

来ている年齢層みると


30代から20代学生が目につく


やはり車がいいな・・・
754F607B-DDE3-404C-9F9A-76EDAC379E98.jpeg

この木、何の木?

41B27A92-1EF6-4047-AA29-8F8087F3D637.jpeg

イチジクだそうです。


寒冷地育ちの私にはこんな温暖な気候で育つ

フルーツでさえ羨ましいハートたち(複数ハート)


今日はここまで


まだまだ続きます。

では〜



いつも読んで下さってありがとうございます。
        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします


*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
RPDクッション1.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック
posted by アンテリユ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインウィーク

2019年08月08日

【フランスPierre Frey社】カプセルコレクションって?

今日はフランスのファブリック

Pierre Frey(ピエールフレイ社)

1935年から続く会社で

D6D6AAD8-F673-4460-9B5C-DA0D01DDEC0A.jpeg
芸術のような、とってーも美しい生地を

現在も3500種類ぐらいコレクションを

送り出す老舗ブランド


クラシカルな正統派の生地から

モダンなリビングにあう

コンテンポラリーなものまで

幅広いコレクションを持つ


フランスから来日し

京橋エドグランにあるトミタ鰍ナ

プレゼンテーションが始まった。


「あなたのプロジェクトに合わせて
ファブリックやカーペットなど
色も柄もデザインしてお届けします!

それが弊社の得意とするところです・・」と。



「こちらの生地は先日リノベーションした
お城のファブリックです」



お、お城?あせあせ(飛び散る汗)


と、顧客層もまったく日本と異なる。

お城と言われても・・・・ね。


今回”カプセルコレクション”の紹介が 

あったのですが

そのカプセルコレクションというのは

通常のコレクションとは別に

建築家やデザイナーときには

セレブリティとコラボしたりして

数量限定の

小さなコレクションのことだそうだ。


それにしても

このサイケデリックなファブリック、

何のモチーフかわかります?

8A45B847-C5DD-4760-BD20-CF212254AC5E.jpeg
トンボのきらめく羽を再現した

それもコットンベルベットにプリントした

生地なんです。

ポリエステルのシャツに

プリントしたものと違って

ベルベットですから

椅子貼りできるくらいずっしり重いく

上質な光沢が生地のうねりや角度によって

絶妙に輝くぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


インテリア次第ですが、モダンなリビングの

一人掛けのアームチェアに張ったら

すっごくクール黒ハートじゃなかな?


更に驚きは続く・・・

今度はコレ!  ヘビ〜

A0F30510-BDD9-4EB4-8B54-D78E872E5AA5.jpeg
なんとも愛おしい眼差しで

見つめてくる・・・

ちょっとカーテン生地としては

Heavyかしら〜 

18世紀に作られた動物型のお皿から

インスパイアされたもので

リネン地にヘビを刺繍してモコモコしている

遊び心もありますが

商品作りは上品、真剣に向き合って

制作されているから、

ヘビもグロテスクというより

美しく見えてしまうのが不思議かわいい



確かにヨーロッパって

ハイエンド向けのお皿のモチーフも

料理につかうのに昆虫の絵柄が入っていたり

しますものね。

これもゴールドのベルベットにトンボ柄

357A8E23-FD3E-4B67-8A8F-4C65C55FC8CC.jpeg
これ作るってことは、当然

顧客がいる、買う人がいるんですもんね。 


最近のノベルティって本当に
いただいてうれし〜ハートたち(複数ハート)

コレクションのモチーフが

カバーとなったノート
79C040E3-28EA-4A2D-8A3B-0AD7476AF2F4.jpeg
と今日はカプセルコレクションの

お話でした。

いつも読んで下さってありがとうございます。
        感謝♡

お問い合わせはこちらからどうぞ

ブログランキング参加しております。
クリックを励みに頑張っております。応援よろしくお願いいたします


*************************************
intérieurアンテリユからお知らせ
RPDクッション1.jpg
英国でインテリアを学んできたことを背景に
商材で住宅、店舗、別荘のインテリアをご提案いたします。
カーテンを始め、インテリア、フラワーアレンジメントのご相談は
アンテリユインテリアデザインへ
お問い合わせください。

リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑2017
リフォーム&リノベーションインテリアコーディネーター名鑑表紙.jpg
住まいのインテリアコーディネーションコンテスト2017
優秀賞受賞作品
フェイスブック
posted by アンテリユ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会